2019/5/19 日曜日

復活後第4主日 《うたえ》

Filed under: 今週の礼拝 — 進 @ 10:30:55

復活後第4主日 《うたえ》

復活後第4主日 《うたえ》    午前10:30
    司会・説教:陶山義雄
    奏楽:中村今日子

前    奏  (黙祷)
招    詞  イザヤ書35, 1-2
讃 美 歌  18(心を高くあげよ!)
交    読  詩編84編(教会備付 「交読文」 p.25)
聖書朗読  サムエル記下12,1-9 (旧p.496)
      マルコによる福音書4,1-9 (新p.66)
祈    祷
説    教  「イエスの優しさと励ましの物語」 陶山義雄牧師
祈    祷
讃 美 歌  183(イエスの御名に)
献    金  感謝祈祷:礼拝当番
讃 美 歌  326(地よ声たかく)
主の祈り  93-5A
頌    栄  25(父、子、聖霊に)
祝    祷
後    奏
			

  • 教会学校 9:00「約束の聖堂」(使徒1, 3-5) Y.須藤
  • オリーブ会 CS分級時、A会議室 担当:Y.須藤

 

本日の集会

  • ガリラヤ会 礼拝後、A会議室
  • 壮年会 礼拝後、B会議室

 

今週の集会

  • 祈り会 5月22日(水) 10:30-11:30 A会議室。担当:松原新吾

 

次週礼拝等(2018年5月26日)予告

  • 教会学校 9:00「イェス、天に上げられる」(使徒1,6-11) 廣石望牧師

 

今後の予定

  • ペンテコステ(聖霊降臨祭)/子どもの日・花の日 合同礼拝 6月9日(日) 10時30分〜 教会学校と合同。通常の9時からの教会学校礼拝はありません。
    お話: 村上典子
  • 墓前礼拝:(多磨霊園・代々木上原教会墓地) 6月9日(日) 礼拝後移動し、14時頃から始めます。 自家用車を何台か出しますので、同乗ご希望の方はお申し出ください。

 

4月出席数報告

	    		男	女	計
 3日	祈り会 		 3	 3	 6
 7日	主日礼拝		11	17	28
	教会学校	子ども	 0	 6	 6
	    	おとな	 3	 4	 7
 10日	祈り会 		 1	 1	 2

14日	主日礼拝		16	22	38
	教会学校	子ども	 0	 8	 8
	    	おとな	 5	 5	10
17日	祈り会 		 1	 2	 3

21日	主日礼拝		16	37	53
	教会学校	子ども	 3	12	15
	    	おとな	 8	 9	17
24日	祈り会 		 3	 1	 4

28日	主日礼拝		15	21	36
	教会学校	子ども	 0	 8	 8
	    	おとな	 3	 5	 8

 

役員会報告

今年度の役員と担当が決まりました。(敬称略)
本年度教会総会で選出された役員:
土田潤子(再選)、玉嵜順子、黒髪紀子、村上典子
任期中の役員: 仙波容子、廣石由加、松原新吾、村上進
各会代表: 松山正男、内山伸子、槙和彦
監事: 鈴木伶子、平井桃子

担当係
書記:村上進 槙和彦
会計:仙波容子 原田由加
礼拝会員:黒髪紀子 土田潤子
庶務:松原新吾 村上進
礼拝音楽:玉嵜順子 槙和彦
伝道:原田由加 槙和彦 村上進 村上典子
慶弔:内山伸子 村上典子
図書:土田潤子
教会学校: 内山伸子
ガリラヤ会:玉嵜順子
壮年会:松山正男
青年会:槙和彦

このほかの議事については次週週報で報告します。

 

牧師室から

―譬話について―

 福音書にはイエスの譬話が60近くあります。「医者よ、自分自身を治せ」(ルカ4,23)と云う格言風の短い「たとえ」から、「良いサマリア人」のように物語性の豊かな話もあります。子供から大人まで、誰でも分かる語りかけですが、聴く人の置かれた状況や生活状態によって多様に受け止められる余地を残しています。これは語り手であるイエスご自身が、敢えて多様な理解を許しておられるからであろうと思います。そこにイエスのお人柄と優しさが読み取れます。メッセージを物語で伝える時、誰にでも分かり受容される内容ですが、その奥深さは聴衆各人に委ねられているのです。時には、聴いている相手への痛烈な批判が語られているのに、物語であるので批判の矢が自分に向いている事すら分からないこともあり、ここにも語り手の優しさが伺えます。

 傷つき、半死半生でいる旅人を、見て見ない振りをしながら、通りすぎた人たちの中には祭司やレビ人と云うった宗教家が登場しています。最後の期待はこうした宗教家を批判しているファリサイ人であるのに、イエスは物語には登場させず、サマリア人に無限の奉仕を旅人・ユダヤ人にさせているのです。これは痛烈な同族批判の物語になっているのに、誰もイエスを直接咎めることは出来ません。物語であるからです。

 教会もまた譬話をどう理解して良いのか困惑している姿が福音書に露呈されています。その良い例が、今日の「種蒔の話」です。各福音書(ヨハネを除く)はイエスの譬話(マルコで云えば4,1-9)を載せた後、その解釈を付加しています(同4,13-20)。その解釈からは他の理解を許さないほどの内容です。前者を通常、譬話(Parableまたはsimile)、後者を隠喩(Allegory または Metaphor)と呼んで区分けをしています。前者を「直喩」、後者を「暗喩」とも呼ぶこともあります。

 
吉本隆明のエッセイ「喩としての聖書」(『言葉という思想』1981)では詩人の鋭敏な読み方をもって両者の違いを良く見分けています。そして言葉として聖書が優れているのは暗喩の方であり、奇跡物語も喩として理解できると述べています。 (陶山義雄)

 

2019/5/12 日曜日

復活後第3主日 《喜べ》

Filed under: 今週の礼拝 — 進 @ 10:30:16

復活後第3主日 《喜べ》

復活後第3主日 《喜べ》   午前10:30
    司会・説教:廣石望
    奏楽:槙和彦

前    奏  (黙祷)
招    詞  エフェソ5,14
讃 美 歌  325(キリスト・イェスは)
交    読  詩編86編1-10節(讃美歌21巻末 「交読詩編」p.94)
聖書朗読  申命記11,1-12 (旧p.298)
      ヨハネによる福音書15,1-10 (新p.198)
祈    祷
説    教  「まことのぶどうの木」 廣石望牧師
祈    祷
讃 美 歌  328(ハレルヤ、たたかいは終わり)
献    金  感謝祈祷:礼拝当番
主の祈り  93-5A
頌    栄  26(グロリア、グロリア、グロリア)
祝    祷
後    奏
			

  • オリーブ会 CS分級時、A会議室 担当:桜井真季

 

本日の集会

  • 定例役員会 5月12日(日) 礼拝後〜15時 A会議室

 

今週の集会

  • 祈り会 5月15日(水) 10:30-11:30 A会議室。担当:渡辺紀子

 

次週礼拝等(2018年5月19日)予告

  • 教会学校 9:00「約束の聖堂」(使徒1, 3-5) Y.須藤

 

今後の予定

  • 信徒による証し礼拝 5月26日(日) 証し:松原新吾
  • ペンテコステ(聖霊降臨祭)/子どもの日・花の日 合同礼拝 6月9日(日) 10時30分〜 教会学校と合同。通常の9時からの教会学校礼拝はありません。
    お話: 村上典子

 

牧師室から

 先ごろ、米国が対中国の輸入関税を引き上げる決定をした。税金を支払う米国側と輸出する中国側のどちらが打撃を被るのか、私には分からない。世界中の製品が国境の境を越えたネットワークの中で生産され、売られていることは分かる。
他方で、食品の地産地消運動のような「顔の見える」関係をより重んじるのは理解できる。消費活動も安心感のある関係の方が嬉しい。

 初期キリスト教会はローマ帝国の各地に、中央組織をもたない小さな集団間の超域的なネットワークとして広がっていた。他にも、誰でも参加できる団体は各地にあった。しかし信徒間の親密な交わりの点で、キリスト教は群を抜いていた。

 1世紀末、都市ローマのクレメンスが、遠いギリシアのコリントス教会に宛てた書簡の冒頭にこうある。「ローマの並住者である神のエクレーシアーから、コリントスの並住者である神のエクレーシアーへ、私たちの主イエス・キリストを通して神の意思にあって召された聖なる者たちへ。全能者なる神の恵みと平和が、イエス・キリストを通して、君たちに溢れんばかりに与えられるように。」(1クレメンス序文)

 「並住者」とは、市民権をもたない自由身分をさす。両都市のキリスト者たちは、ローマ皇帝の支配領域に権利なき者たちとして住むが、「全能者」なる神の召しにより「神のエクレーシアー(民会)」というネットワークの市民である。 (廣石望)

 

2019/5/5 日曜日

復活後第2主日 《主の憐れみ》

Filed under: 今週の礼拝 — 進 @ 10:30:46

復活後第2主日 《主の憐れみ》

復活後第2主日 《主の憐れみ》   午前10:30
    司会:廣石望
    説教:田中健三
    奏楽:槙和彦

前    奏  (黙祷)
招    詞  詩編 68,21-24
讃 美 歌  57(ガリラヤの風かおる丘で)
交    読  詩編121編(讃美歌21巻末 「交読詩編」p.141)
聖書朗読  イザヤ書12,1-6 (旧p.1079)
      ローマの信徒への手紙11,25-29 (新p.291)
祈    祷
説    教  「イスラエルの神」 田中健三先生
祈    祷
讃 美 歌  377(神はわが砦)
献    金  感謝祈祷:礼拝当番
主の祈り  93-5A
頌    栄  29(天のみ民も)
祝    祷
後    奏
			

  • オリーブ会 CS分級時、A会議室 担当:中村今日子

 

本日の集会

  • 特にありません。

 

今週の集会

  • 祈り会 5月8日(水) 10:30-11:30 A会議室。担当:内山伸子 秋田春栄

 

次週礼拝等(2018年5月12日)予告

  • 定例役員会 5月12日(日) 礼拝後〜15時 A会議室

 

お知らせ

  • 小島亮一さん(数え百歳)、徳久俊彦さん(満90歳)とジョイント・コンサート「K&T併せて190歳」を開かれます。
    日時:2019年6月8日(土)14時〜16時
    会場:日本基督教団早稲田教会(新宿区西早稲田2-3-1)
    共演:ピアノ 水村仁美、パイプオルガン客演 水野均。

 

今後の予定

  • 信徒による証し礼拝 5月26日(日) 証し:松原新吾
  • ペンテコステ(聖霊降臨祭)/子どもの日・花の日 合同礼拝 6月9日(日) 10時30分〜 教会学校と合同。通常の9時からの教会学校礼拝はありません。お話: 村上典子

 

牧師室から

 ネットの新聞記事によると、ドイツのカトリック協議会の代表が、司祭の一部が結婚していたり世俗の職業についていること、また女性の執事を認めてはどうかと提案しているそうだ。とくに教会指導層の中の女性の割合を2023年までに3割にしたいとのこと。――人々の反響は「やっと理性的な意見が!」「教会を近代化すると信徒は去る」「LGBTも認めるべき」など多様だ。

 別の記事では、同国のカトリックとルター派の両方を合わせたキリスト教人口が、2017年現在は4千480万人(全人口の54%)だが、2060年には2千270万人(29%)に減るだろうという予測が報じられている。――両派の指導者は「教会の魅力は数の問題でない」「状況が変化しても、教会はつねに福音を伝えるのみ」と言う。

 数は違えども、状況そのものは、私たちと似てきたように感じる。(廣石望)

 

2019/4/28 日曜日

復活後第1主日 《新生》

Filed under: 今週の礼拝 — 進 @ 10:30:12

復活後第1主日 《新生》

復活後第1主日 《新生》   午前10:30
    司会・説教:廣石望
    奏楽:鈴木伶子

前    奏  (黙祷)
招    詞  詩編 118,23-24
讃 美 歌  317(主はわが罪ゆえ)1-4節
交    読  詩編146編(讃美歌21巻末 「交読詩編」p.159)
聖書朗読  イザヤ書61,1-11 (旧p.1162)
      コリントの信徒への手紙一 15,1-11 (新p.320)
祈    祷
説    教  「復活と信仰」 廣石望牧師
祈    祷
讃 美 歌  321(しずかな喜び)
献    金  感謝祈祷:礼拝当番
主の祈り  93-5A
頌    栄  28(み栄えあれや)
祝    祷
後    奏
			

  • オリーブ会 CS分級時、A会議室 担当:土田潤子

 

本日の集会

  • 定期教会総会 昼食(サンドイッチ)の用意があります。

 

今週の集会

  • 祈り会 5月1日(水) は休会です。

 

次週礼拝等(2018年5月5日)予告

 

今後の予定

  • 定例役員会 5月12日(日) 礼拝後〜15時 A会議室
  • ペンテコステ(聖霊降臨祭)/子どもの日・花の日 合同礼拝 6月9日(日) 10時30分〜 教会学校と合同。通常の9時からの教会学校礼拝はありません。
    お話: 村上典子
  • 信徒による証し礼拝 6月30日(日) 証し:松原新吾

 

牧師室から

先週の復活祭の朝、スリランカで教会やホテルを狙った大規模な同時テロ攻撃が発生し、死者は350人を超えた。犠牲者と遺族に心から哀悼の意を表する。

 1983-2009年、スリランカは内戦を経験した。1948年の独立後に多数派のシンハラ人(75%)を偏重する政策が続き、これに少数派のタミル人が(15%)が反発したからだが、英国統治の時代(18世紀末以降)は逆にタミル人が重用されていた。

 スリランカは宗教的にも多様で、主流派の仏教が70%(主にシンハラ人)、これにヒンドゥー教13%(主にタミル人)、イスラーム教10%(ムーア人、マレー人他)、そしてキリスト教7%と続く。キリスト教徒は民族的に多様で、シンハラ人やタミル人以外に、植民地時代のヨーロッパ人との混血の子孫が属す。ポルトガル統治時代(16-17世紀)にもたらされたカトリックが全体の80%以上だが、それぞれが別言語でコミュニティーも異なる。

 今回のイスラーム過激派によるテロは、民族的に最も多様な少数派であるキリスト教徒を攻撃することで、自ら属するイスラーム・コミュニティーを分断し、仏教徒が多数を占める社会全体の不安定化を狙ったと見える。

 今日は「新生」と呼ばれる主日だ。アジアの人々に、死を克服する新生を祈りたい。(廣石望)

 

2019/4/21 日曜日

復活祭

Filed under: 今週の礼拝 — 進 @ 10:30:18

復活祭

復活祭   午前10:30
    司会・説教:廣石望
    奏楽:中村今日子

前    奏  (黙祷)
招    詞  ゼカリヤ書9, 9
讃 美 歌  316(復活の主は)
交    読  詩編40編1-12節(讃美歌21巻末 「交読詩編」p.44)
聖書朗読  出エジプト記15,22-27 (旧p.119)
      マルコによる福音書16,1-8 (新p.97)
祈    祷
聖 歌 隊  『Ave verum corpus〜尊き救い主』 指揮 竹内智子
説    教  「先にガリラヤに行かれる」 廣石望牧師
聖 餐 式  配餐 松原新吾  鈴木伶子
祈    祷
讃 美 歌  319(輝きのこの日)
献    金  感謝祈祷:礼拝当番
主の祈り  93-5A
聖 歌 隊  『主よ、われらを祝し』 指揮 竹内智子
頌    栄  27(父・子・聖霊の)
祝    祷
後    奏
			

  • オリーブ会 CS分級時、A会議室 担当:原田由加

 

本日の集会

  • 「イースターフェスタ」礼拝後、クラフトやゲームなどのイベントを準備しています。軽食の用意があります。

 

今週の集会

  • 祈り会 4月24日(水) 10:30-11:30 A会議室。担当:村上 進

 

次週礼拝等(2018年4月28日)予告

  • 定期教会総会

 

公 示

下記の通り2019年度「定期教会総会」を開催いたします。教会員は万障お繰り合わせてご出席願います。

2018年4月14日

宗教法人代々木上原教会代表役員 廣石 望

  • 日時:2019年4月28日(日) 12:15-14:30
  • 場所:代々木上原教会礼拝堂
  • 議案:
    1. 2018年度諸報告
    2. 2019年度宣教方針
    3. 2018年度歳入歳出決算
    4. 2019年度歳入歳出予算
    5. 2019年度役員選挙(半数改選)
    6. その他の件

 

牧師室から

キリスト教は「神がイエスを死者たちの中から起こした」(1テサ1,10; ロマ10,9他)という告白によって始まった。しかし、イースターの朝に生じたのは、おそらく「私は主を見ました」(ヨハ20,18)という事件報告であったろう。「見る」という体験から「神がイエスを起こした」という理解までの間には、長い歩みがあったであろう。この理解には、〈新しい世界が始まった〉ないし〈古い世界の終わりが始まった〉という意味が含まれる。(廣石望)

 

2019/4/14 日曜日

受難節第6・棕櫚主日

Filed under: 今週の礼拝 — 進 @ 10:30:19

受難節第6・棕櫚主日

受難節第6・棕櫚主日   午前10:30
    司会・説教:陶山義雄
    奏楽:原田由加

前    奏  (黙祷)
招    詞  ゼカリヤ書9, 9
讃 美 歌  309(あがないの主に)
交    読  詩編 121編(讃美歌21巻末 「交読詩編」p.141)
聖書朗読  詩編118,19-29 (旧p.958)
      マルコによる福音書11,1-11 (新p.83)
祈    祷
説    教  「私達に救いを(ホサナ)」 陶山義雄牧師
祈    祷
讃 美 歌  183(イエスの御名に)
献    金  感謝祈祷:礼拝当番
讃 美 歌  307(ダビデの子、ホサナ)
主の祈り  93-5A
頌    栄  29(天のみ民も)
祝    祷
後    奏
			

  • オリーブ会 CS分級時、A会議室 担当:鈴木伶子

 

本日の集会

  • 聖歌隊練習 4月14日(日)11:45-12:45 会堂

 

今週の集会

  • 祈り会 4月17日(水) 10:30-11:30 A会議室。担当: 渡辺紀子

 

次週礼拝等(2018年4月21日)予告

  • 礼拝後、クラフトやゲームなどのイベントを準備しています。軽食の用意があります。 お近くの方をお誘いください。

 

集会予定等

  • イースター 4月21日(日) 礼拝後、クラフトやゲームなどのイベントを準備しています。軽食の用意があります。 お近くの方をお誘いください。

 

【4月定例役員会報告(抄録)】

報告事項

(1)招聘委員会:3月の活動状況、(2)3/31の特別伝道集会(ジャズコンサート)の来場者数54名(うち一般25名)、その他。

協議事項

(1)定期教会総会準備:諸報告、2019年度宣教基本方針案、行事計画案、役員選挙資料、2019年度予算案などについて、委任状の扱いの明確化について。

今後の予定

(1)祈り会:4-6月、1997年の村上伸牧師の説教テープ(受難節〜復活節にかけて)を聞き、祈る。(2)信徒の証しによる礼拝(5月26日)担当 松原新吾。
 他は省略します(廣石)。

 

公 示

下記の通り2019年度「定期教会総会」を開催いたします。教会員は万障お繰り合わせてご出席願います。

2018年4月14日

宗教法人代々木上原教会代表役員 廣石 望

  • 日時:2019年4月28日(日) 12:15-14:30
  • 場所:代々木上原教会礼拝堂
  • 議案:
    1. 2018年度諸報告
    2. 2019年度宣教方針
    3. 2018年度歳入歳出決算
    4. 2019年度歳入歳出予算
    5. 2019年度役員選挙(半数改選)
    6. その他の件

 

2019/4/7 日曜日

受難節第5主日

Filed under: 今週の礼拝 — 進 @ 10:30:27

受難節第5主日

受難節第4主日   午前10:30
    司会・説教:廣石 望
    奏楽:小野千恵子

前    奏  (黙祷)
招    詞  イザヤ書55,6-7
讃 美 歌  299(うつりゆく世にも)
交    読  詩編 69編1-16節(讃美歌21巻末 「交読詩編」p.73)
聖書朗読  ミカ書6,1-8 (旧p.1455)
      マルコによる福音書10,35-45 (新p.82)
祈    祷
説    教  「身代金として」 廣石 望牧師
祈    祷
讃 美 歌  305(イェスの担った十字架は)1-3節
献    金  感謝祈祷:礼拝当番
主の祈り  93-5A
頌    栄  26(グロリア、グロリア、グロリア)
祝    祷
後    奏
			

  • オリーブ会 CS分級時、A会議室 担当:村上 進

 

本日の集会

  • 定例役員会 礼拝後〜15時 A会議室

 

今週の集会

  • 祈り会 4月10日(水) 10:30-11:30 A会議室。担当: 松原新吾

 

次週礼拝等(2018年4月14日)予告

  • 聖歌隊練習 4月14日(日)11:45-12:45 会堂

 

集会予定等

  • イースター 4月21日(日) 礼拝後、クラフトやゲームなどのイベントを準備しています。軽食の用意があります。 お近くの方をお誘いください。

 

【3月出席数報告】

				男	女	計
 3日	主日礼拝		12	19	31
	教会学校	子ども	 0	 5	 5
	    	おとな	 4	 5	 9

 6日	祈り会 		 2	 5	 7

10日	主日礼拝		12	22	34
	教会学校	子ども	 1	 7	 8
	    	おとな	 2	 7	 9

13日	祈り会 		 2	 3	 5

17日	主日礼拝		12	22	34
	教会学校	子ども	 1	 8	 9
	    	おとな	 5	 4	 9

20日	祈り会 		 2	 1	 3

24日	主日礼拝		14	23	37
	教会学校	子ども	 0	 7	 7
	    	おとな	 4	 4	 8

27日	祈り会 		 2	 2	 4

31日	主日礼拝		10	24	34
	教会学校	子ども	 3	 6	 9
	    	おとな	 1	 6	 7

	ジャズ演奏会	子ども	 3	 2	 5
	    	おとな	18	31	49

主日礼拝出席数平均	34.0人
前月(2月)平均	31.5人

 

2019/3/31 日曜日

受難節第4主日

Filed under: 今週の礼拝 — 進 @ 10:30:04

受難節第4主日

受難節第4主日   午前10:30
    司会・説教:廣石 望
    奏楽:原田由加

前    奏  (黙祷)
招    詞  ヨエル書3,12-13a
讃 美 歌  296(いのちのいのちよ)1-3節
交    読  詩編31編1-17節(讃美歌21巻末 「交読詩編」p.31)
聖書朗読  ヨブ記3,1-19 (旧p.777)
      ヨハネによる福音書 12,1-11 (新p.191)
祈    祷
説    教  「葬りの日のために」 廣石 望牧師
祈    祷
讃 美 歌  297(栄えの主イェスの)
献    金  感謝祈祷:礼拝当番
主の祈り  93-5A
頌    栄  25(父・子・聖霊に)
祝    祷
後    奏
			

  • オリーブ会 CS分級時、A会議室 担当:鈴木伶子

 

本日の集会

  • 「礼拝奏楽者の会」 礼拝後〜13時頃まで
  • 「ジャズ演奏会」 14時〜 岡淳(まこと)(サックス)、モロオカヒロヤ(オルガン)、正清 泉(ドラムス)

 

今週の集会

  • 祈り会 4月3日(水) 10:30-11:30 A会議室。
    村上伸牧師の「使徒信条」講解説教の録音を聞き、共に祈ります。(13)「身体のよみがえり」 担当: 松原新吾

 

次週礼拝等(2018年4月7日)予告

  • 定例役員会 礼拝後〜15時 A会議室

 

集会予定等

  • 聖歌隊練習 4月14日(日)11:45-12:45 会堂
  • イースター 4月21日(日)礼拝後、クラフトや寸劇などのイベントを準備しています。軽食の用意があります。 お近くの方をお誘いください。

 

【牧師室から】

 毎年3月、部落解放センター主催で「神学校等人権教育懇談会」が開かれる。

 今年の講師の一人は、米国の神学校でmaster of divinity(牧会者訓練の学位)を取得した方であった。神学校の教授陣は、人種や性的志向の点で一見して分かるほど多様で、どのシラバスにも「正義と公平」という表現が出るそうだ。

 そんな学校で、近隣のとある牧師が講演で「同性愛は罪だ」と発言し、当事者の学生が涙ながらに抗議するという事件が起きた。教授陣は即日会合を開き、学内で差別発言を抑止できなかったことを、直ちに公的に謝罪したという。

 この方は日本に帰国後の赴任先で、当初は地域の牧師会で仲間として歓迎されていたのが、あるときぱったりと声がかからなくなり、牧師会そのものが知らぬ間に解散していた。後になって、自分がレズビアンであるとネット上で公言しているのをたまたま発見した参加者のクレームを受けた取りまとめ役の牧師が、こっそり「配慮」した結果であることが判明した。聞いていた私から見て、性的少数者を牧師の交わりから排除し、差別を隠すために会を解散したのである。

 こうした事態に対処するには、簡単に白黒の判別がつかないようなケーススタディーを数多く学ぶ必要があるそうだ。それを支えるのは、神への信頼に基づいて、自分の確信や常識を相対化する勇気であろう。(廣石望)

2019/3/24 日曜日

受難節第3主日

Filed under: 今週の礼拝 — 進 @ 10:30:01

受難節第3主日

受難節第3主日   午前10:30
    司会:廣石 望
    説教:田中 健三
    奏楽:槙 和彦

前    奏  (黙祷)
招    詞  イザヤ書55,6-7
讃 美 歌  412(昔 主イエスの)
交    読  詩編28編(讃美歌21巻末 「交読詩編」p.29)
聖書朗読  イザヤ書 11,1-5 (旧p.1078)
      ローマの信徒への手紙15, 8-12 (新p.295)
祈    祷
説    教  「待望の王」 田中健三先生
祈    祷
讃 美 歌  303(丘の上の主の十字架)
献    金  感謝祈祷:礼拝当番
主の祈り  93-5A
頌    栄  29(天のみ民も)
祝    祷
後    奏
			

  • オリーブ会 CS分級時、A会議室 担当:廣石 望

 

本日の集会

  • 聖歌隊練習 礼拝後11:45-12:45 会堂
  • 臨時役員会 礼拝後〜13:00、A会議室

 

今週の集会

  • 祈り会 3月27日(水) 10:30-11:30 A会議室。
    村上伸牧師の「使徒信条」講解説教の録音を聞き、共に祈ります。(12)「罪の赦し」 担当: 松原新吾

 

次週礼拝等(2018年3月31日)予告

  • 「礼拝奏楽者の会」 礼拝後〜13時頃まで

 

集会予定等

  • 「ジャズ演奏会」 3月31日(日)14時〜 代々木上原教会。 岡淳(まこと)(サックス)、モロオカヒロヤ(オルガン)、正清 泉(ドラムス)
    チラシがあります。 地域の方々、お知り合いをお誘いください。

 

【牧師室から】

 第二次世界大戦が始まる直前のイギリスに、ドイツのユダヤ人児童を救出した「キンダートランスポート」と呼ばれる活動がある。イギリス人が里親になることで、約1万人を救出した。

 当時、この活動の枠外にあったチェコスロバキアから、個人ヴォランティアによって669人の子どもをイギリスに移住させたのが、ニコラス・ウィントン(1909-2015年)だ。スイスにスキー休暇に行くつもりだったが、友人の呼びかけで予定を変更してプラハに向かい、当地からイギリス人の里親を募集した。50年後の1988年、彼の妻が屋根裏部屋に、子どもたちの写真を含む大量のスクラップブックを発見するまで、この「イギリスのシンドラー」が誰であるかは世界に知られていなかった。

 彼の両親はドイツ系ユダヤ人で、イギリスに移住したさいに洗礼を受け、キリスト教に改宗している。それゆえイスラエルでは、ニコラスは民族同胞と見なされ、「正義の異邦人」には数えられていない。

 79歳のときのインタヴューで、「自分の生命の危険を冒したわけでもなく、正しいと思ったことをしただけ。不可能でない限り何かやれる方法はある」と述べたそうだ。それ自体としては非宗教的なこの発言は、パウロが「生まれつき律法をもたない異邦人が律法の事々を行うなら、この者たちは、律法をもたないままに、自分自身にとって律法である」 (ローマ2,14)と言うのに通じると思う。(廣石望)

2019/3/17 日曜日

受難節第2主日(信徒による証し礼拝)

Filed under: 今週の礼拝 — 進 @ 10:30:51

受難節第2主日(信徒による証し礼拝)

受難節第2主日   午前10:30
(信徒による証し礼拝)
    司会:陶山義雄
    証し:齊藤和夫
    奏楽:鈴木伶子

前    奏  (黙祷)
招    詞  ヨハネによる福音書 3,16
讃 美 歌  300(十字架のもとに)
交    読  詩編10編(讃美歌21巻末 「交読詩編」p.12)
聖書朗読  イザヤ書 38,19 (旧p.1122)
      マタイによる福音書19,14 (新p.37)
祈    祷
証    し  「問い続ける風―このようなものたちとは?」 齊藤 和夫
祈    祷
讃 美 歌  57(ガリラヤの風かおる丘で)
献    金  感謝祈祷:礼拝当番
主の祈り  93-5A
頌    栄  25(父・子・聖霊に)
祝    祷  陶山牧師
後    奏
			

  • オリーブ会 CS分級時、A会議室 担当:土田 潤子

 

本日の集会

  • ガリラヤ会 総会。礼拝後、A会議室
  • 壮年会  礼拝後、B会議室で懇談

 

今週の集会

  • 祈り会 3月13日(水) 10:30-11:30 A会議室。
    村上伸牧師の「使徒信条」講解説教の録音を聞き、共に祈ります。(10)「聖なる公同の教会」 担当: 秋田春江 内山伸子

 

次週礼拝等(2018年3月24日)予告

  • 聖歌隊練習 礼拝後11:45-12:45 会堂

 

集会予定等

 

【牧師室から】

 「8年経ったというだけ。何も変わらない」――今月11日、宮城県名取市の閖上(ゆりあげ)地区に、かつての自宅跡地を訪れた男性(50歳代)が発した言葉である。津波で家族を失っておられる。

 先日陶山牧師が、末期癌患者のケアにもとづくキュブラー=ロスの段階モデルを紹介された。それは、大切な人を失った人々の回復プロセスの理解にも適用されている。他方で、臨床心理士たちが提案した「タスクに基づくモデル」によれば、喪失がもたらす悲嘆はいくつかの典型的なタスクに関わる。(1)喪失の事実を受け入れる、(2)悲嘆の痛みを経験する、(3)愛する人が不在の世界に順応する、(4)失われた人とのつながりをどうにかして見つける等であり、そこに時間的な順番はない。

 イエスの非業の死も、生前の弟子たちに大きな喪失をもたらしたであろう。復活信仰の成立はとりわけ上記の(4)に関わり、イエスを見棄てた弟子たちの罪責感の克服が「赦し」として与えられたとされることが多い。

 「裏切り者」とされるイスカリオテのユダにも、――イエスが復活する前に変死を遂げたとするマタイやルカの福音書とは異なり――マルコ福音書によれば、復活のイエスに出会った可能性が残る。それでも、ユダに復活信仰は生じなかったようだ。つまり、失われたイエスとのつながりをとり戻すことはできなかった。私たちはどうか?   (廣石望)

次のページ »

HTML convert time: 0.238 sec. Powered by WordPress ME