2019/10/20 日曜日

三位一体後第18主日

Filed under: 今週の礼拝 — 進 @ 10:30:10

三位一体後第18主日

三位一体後第18主日礼拝 午前10:30
    司会・説教:中村吉基
    奏楽:小野千恵子

前    奏  (黙祷)
招    詞  詩編46,10
讃 美 歌  ローマの信徒への手紙1章16節
交    読  詩編121編(讃美歌21巻末「交読詩編」p.141)
聖書朗読  創世記32,23-32 (旧p.56)
          ルカによる福音書18,1-8 (新p.143)
祈    祷
説    教  「あきらめない」 中村吉基
祈    祷
讃 美 歌  494(ガリラヤの風)
献    金  感謝祈祷:礼拝当番
主の祈り  93-5A
頌    栄  26(グロリア、グロリア、グロリア)
祝    祷
後    奏
			

  • CSのオリーブ会 CS分級時、牧師館。担当:桜井真季

 

本日の集会

  • 臨時役員会 礼拝後すぐ短時間で、A会議室。
  • 招聘委員会 役員会後、A会議室。
  • 各集会 礼拝後、ガリラヤ会(A会議室)、壮年会(B会議室)

 

今週の集会

  • 祈り会 10月23日(水) 10:30-11:30 A会議室。担当:松原新吾

 

次週礼拝等(2018年10月27日)予告

  • 教会学校 9:00 「ペトロ、エルサレム教会に報告」(使徒言行録11, 1-8) 中村今日子
  • CSスタッフ会 8:10〜 ロビー

 

今後の予定

  • N.T.さん納骨式 11月4日(月)11時〜 多磨霊園教会墓地
  • 召天者記念礼拝 11月10日(日)

 

2019/10/13 日曜日

三位一体後第17主日

Filed under: 今週の礼拝 — 進 @ 10:30:03

三位一体後第17主日

三位一体後第17主日礼拝 午前10:30
    司会:廣石望
    説教:田中健三
    奏楽:鈴木伶子

前    奏  (黙祷)
招    詞  詩編46,10
讃 美 歌  459(飼い主わが主よ)
交    読  詩編48編(讃美歌21巻末「交読詩編」p.52)
聖書朗読  出エジプト3,7-10 (旧p.97)
          ガラテヤ5,13-15 (新p.349)
祈    祷
説    教  「自由の知らせ」 田中健三先生
祈    祷
讃 美 歌  449(千歳の岩よ)
献    金  感謝祈祷:礼拝当番
主の祈り  93-5A
頌    栄  29(天のみ民も)
祝    祷
後    奏
			

  • CSのオリーブ会 CS分級時、牧師館。担当:廣石望

 

本日の集会

  • 聖歌隊練習 礼拝後11:45-12:45 会堂

 

今週の集会

  • 祈り会 10月16日(水) 10:30-11:30 A会議室。担当:村上進

 

次週礼拝等(2018年10月20日)予告

  • 各集会 礼拝後、ガリラヤ会(A会議室)、壮年会(B会議室)

 

今後の予定

  • 宗教改革記念音楽礼拝 10月27日(日)
  • 召天者記念礼拝 11月10日(日)

 

10月定例役員会報告(抄録)

報告事項

  • 三浦義直さん:10/3(木)ご召天。10/5(土)に代々幡斎場にて、廣石牧師の司式により火葬式を行った。
  • 教会学校:保護者の方の協力あり。クリスマス祝会(12/22)を大人の愛餐会後(14:45〜)に実施する。
  • 礼拝会員:教会員名簿等内容の更新・作成の予定。
  • 庶務:教会建物の屋根の工事は9/10より開始、約半分完了。リソグラフ(印刷機)新しい機種のリース契約を検討中。
  • 伝道:教会たより(10/27発行予定)。

協議事項

  • 11/10召天者記念礼拝:往復はがき案内送付完了。
  • クリスマス: 12/22 クリスマス礼拝、12/24 聖夜燭火礼拝19:00開始(ミニコンサートを今年も企画予定)。
  • 3/29 特別伝道集会: 正清泉さんトリオ(予定)。
  • トイレ表示等について:男女別の表示を無くす方向で検討。

2019/10/6 日曜日

三位一体後第16主日(世界聖餐日)

Filed under: 今週の礼拝 — 進 @ 10:30:04

三位一体後第16主日(世界聖餐日)

三位一体後第16主日礼拝(世界聖餐日) 午前10:30
    司会・説教:廣石望
    奏楽:槙和彦

前    奏  (黙祷)
招    詞  ハバクク2,20
讃 美 歌  51(愛するイェスよ)
交    読  詩編49編(讃美歌21巻末「交読詩編」p.53)
聖書朗読  列王記上10,1-10 (旧p.547)
          ルカによる福音書11,29-32 (新p.129)
祈    祷
説    教  「ソロモンより大いなること」 廣石望
祈    祷
讃 美 歌  498(道、真理、命)
讃 美 歌  78(わが主よ、ここに集い)1-2節/3-4節
聖 餐 式  配餐 仙波容子、玉嵜順子
献    金  感謝祈祷:礼拝当番
主の祈り  93-5A
頌    栄  28(み栄えあれや)
祝    祷
後    奏
			

  • オリーブ会 CS分級時、牧師館。担当:村上進

 

本日の集会

  • 定例役員会 礼拝後〜15時 A会議室

 

今週の集会

  • 祈り会 10月9日(水) 10:30-11:30 A会議室。担当: 内山伸子

 

次週礼拝等(2018年10月13日)予告

  • 聖歌隊練習 礼拝後 11:45-12:45 会堂

 

今後の予定

  • 音楽礼拝 10月27日(日)
  • 召天者記念礼拝 11月10日(日)

 

9月出席数報告

				男	女	計
 1日	主日礼拝		11	21	32
	教会学校	子ども	 1	 3	 4
	    	おとな	 5	 5	10
 4日	祈り会 		 3	 2	 5
 8日	主日礼拝		10	18	28
	教会学校	子ども	 3	 9	12
	    	おとな	 4	 7	11
11日	祈り会 		 2	 1	 3
15日	主日礼拝		 7	19	26
	教会学校	子ども	 1	 8	 9
	    	おとな	 3	 6	 9
	教会カンファレンス	 5	17	22
18日	祈り会 		 1	 1	 2
22日	主日礼拝		 9	18	27
	教会学校	子ども	 2	 9	11
	    	おとな	 5	 5	10
25日	祈り会 		 3	 1	 4
29日	主日礼拝		12	17	29
	教会学校	子ども	 1	 6	 7
	    	おとな	 2	 5	 7
29日	特別伝道集会・公開学習会  		26
主日礼拝出席数平均	28.4人 (前月33.4人)

 

2019/9/29 日曜日

三位一体後第15主日

Filed under: 今週の礼拝 — 進 @ 10:30:40

三位一体後第15主日

三位一体後第15主日礼拝   午前10:30
    司会・説教:廣石望
    奏楽:原田由加

前    奏  (黙祷)
招    詞  詩編29,2
讃 美 歌  6(つくりぬしを賛美します)
交    読  詩編43編(讃美歌21巻末「交読詩編」p.47)
聖書朗読  レビ記7,19-27 (旧p.171)
          使徒言行録10,1-16 (新p.232)
祈    祷
説    教  「神が清めたもの」 廣石望
祈    祷
讃 美 歌  475(あめなるよろこび)
献    金  感謝祈祷:礼拝当番
主の祈り  93-5A
頌    栄  27(父・子・聖霊の)
祝    祷
後    奏
			

  • 教会学校 9:00「主の祈り(4)」(マタイ6,12) 土田潤子
  • CSのオリーブ会 CS分級時、牧師館。担当:土田潤子

 

本日の集会

 

今週の集会

  • 祈り会 10月2日(水) 10:30-11:30 A会議室。担当: 渡辺紀子

 

次週礼拝等(2018年10月6日)予告

  • 三位一体後第16主日
    聖書:ルカ11,29-32
    説教:「ソロモンより大いなること」廣石望
    奏楽:槙和彦 讃美歌: 51, 498, 28
  • 定例役員会 礼拝後〜15時 A会議室

 

牧師室から

 1990年2月、「動くゲイとレズビアンの会」(通称「アカー」)が都の宿泊施設「府中青年の家」を利用したさい、他団体から「ホモ」「オカマ」と蔑称され、風呂場を覗かれるなどの嫌がらせを受けた。抗議を受けた施設側は「他の青少年の健全育成」に悪影響を与えかねないとの理由から、アカーに対して次回以降の利用を認めない旨の回答を出した。請願を受けた都教育委員会も、男女別室ルールを同性愛者に適用して、青年の家による決定を追認した。

 1991年、アカーは地裁に東京都を提訴し、「男女別室ルール」をもたない公共施設が全国に多数あること、サンフランシスコ市の教育委員長が同性愛者の公共施設利用について証言するなどし、1994年3月にアカー側が勝訴した。

 しかし東京都は高裁に控訴し、「同性愛という性的指向を、性的自己決定能力を十分にもたない小学生や青少年に知らせ混乱をもたらすこと自体が問題である」と訴えた。アカー側は、例えば親の性的指向が、子どもの知的発達や性的指向の形成その他に影響を与えることはないという実証研究その他に基づいて反論し、1997年9月に勝訴した。判決には、行政当局には「同性愛者の権利、利益を十分に擁護することが要請されて」おり、「無関心であったり知識がないということは公権力の行使に当たる者として許されない」とある。

 じつは府中青年の家で、アカーの人々を誹謗した他団体にキリスト教会の団体があり、そのリーダーは後日の話し合いで、「女と寝るように男と寝る者は、両者共にいとうべきことをしたのであり、必ず死刑に処せられる」(レビ記20,13)を読み上げ、「同性愛者は誤った道を歩んでいる人々です」と発言したそうだ。――この極めて攻撃的な発言は、聖書についても、同性愛についても、じつはたいへん無知である。 (廣石望)

 

2019/9/22 日曜日

三位一体後第14主日

Filed under: 今週の礼拝 — 進 @ 10:30:09

三位一体後第14主日

三位一体後第14主日礼拝   午前10:30
    司会・説教:陶山義雄
    奏楽:小野千恵子

前    奏  (黙祷)
招    詞  コリント二5,17
讃 美 歌  3(扉を開きて)
交    読  詩編19編1-15(讃美歌21巻末「交読詩編」p.20)
聖書朗読  申命記8,11-18 (旧p.294)
          マタイによる福音書5,17-20 (新p.7)
祈    祷
聖歌独唱  「はてしも知られぬ天つ海原を」平井桃子
説    教  「新しい生き方の掟」(山上の垂訓 講解説教 第3回) 陶山義雄
祈    祷
讃 美 歌  61(われらは信ず)
献    金  感謝祈祷:礼拝当番
讃 美 歌  516(主の招く声が)
主の祈り  93-5A
頌    栄  83(聖なるかな)1節のみ
祝    祷
後    奏
			

  • 教会学校 9:00「主の祈り(3)」(マタイ6,12) 村上典子
  • CSのオリーブ会 CS分級時、牧師館。担当:村上典子

 

今週の集会

  • 祈り会 9月25日(水) 10:30-11:30 A会議室。担当: 松原新吾

 

次週礼拝等(2018年9月29日)予告

  • 三位一体後第15主日
    聖書:使徒言行録10,1-16
    説教:「神が清めたもの」廣石望
    原田由加 讃美歌: 6, 475, 27
  • 教会学校 9:00「主の祈り(4)」(マタイ6,12) 土田潤子
  • 「特別伝道集会・公開学習会」 11:45-13:15 「ふつう」ってなんだろう?〜キリスト教とLGBTQ〜 中村吉基先生

 

牧師室から

 キリスト教文化圏ではマタイ7章12節(ルカ6章31節)を黄金律と呼び、イエスの教えの中心に据えている:「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。」この黄金律は18世紀、イギリス・産業革命下にあって悲惨な生活に追い込まれた労働者を救済する方策としてジョン・スチュアート・ミル(1806〜73)が厚生経済を提唱する際にも導入している。それは利益追求の経済活動から生じた貧困層を救済する方策として人々の生き方に変革を求め、イエスのこの教えに倣うことによって社会悪を克服しようとする運動であった。ミルは黄金律を普及させ、おぼえやすく独自に翻訳し、その普及を図ったのである:Do as you would be done by others.

 この黄金律はイエス独自の言葉と見做しても良いのであるが、同時代の所産としてユダヤ教ラビが説いていた律法問題からイエスご自身が語られた言葉を対比して見ると、なお一層その意図が明らかになる。1世紀に名を馳せていたヒレル学派とシャンマイ学派の間で、律法に対して柔軟な解釈をとる前者と厳格に遵守する立場を守る後者があった。或る青年が律法の何であるかを聞くためにシャンマイの所に行き「私が片足で立っている間(短時間)に「律法の全てを教えてほしい」と願い出た所、師匠は彼を追い出してしまう。そこでヒレルの許に行き、同じ質問をした所、「良いとも、端的に教えてあげよう。『それは、人にしてもらいたくない事を、自分からしてはならない』と云うことである。」下線部がイエスの黄金律とは決定的に違っている。ヒレルは否定形をもって答えているのに反して、主イエスの勧めは肯定形である。「〜するな」と「〜せよ」の間には大きな開きがある。学者風に高座から見下ろし、教えるだけで人々の上に立って他に何もしない律法学者ではなく、主イエスは黄金律を教えに留めるのではなく、自ら人々、それも弱者の中に分け入り、この世界を御国とする働きの中で語っているのである。否定形の勧めは孔子、釈迦、マホメットも教えとして残している。「敬神」、「奉仕」の黄金律については改めて言及したい。 (陶山義雄)

2019/9/15 日曜日

三位一体後第13主日

Filed under: 今週の礼拝 — 進 @ 10:30:31

三位一体後第13主日

三位一体後第13主日礼拝   午前10:30
    司会・説教:廣石望
    奏楽:鈴木伶子

前    奏  (黙祷)
招    詞  詩編100,1-2
讃 美 歌  353(父・子・聖霊の)
交    読  詩編77編(讃美歌21巻末「交読詩編」p.83)
聖書朗読  サムエル記上16,14-23 (旧p.117)
          マルコによる福音書9,14-29 (新p.74)
祈    祷
説    教  「口をきけなくする霊と信仰」 廣石望
祈    祷
讃 美 歌  463(わが行くみち)
献    金  感謝祈祷:礼拝当番
主の祈り  93-5A
頌    栄  25(父・子・聖霊に)
祝    祷
後    奏
			

  • 教会学校 9:00「主の祈り(2)」(マタイ6,11) 松原新吾
  • CSのオリーブ会 CS分級時、牧師館。担当:鈴木伶子

 

本日の集会

  • 「教会カンファレンス」 「使徒信条について(基礎を学ぶ)」 廣石牧師 学びと懇談。
    ※ 本日の飛び入り参加も歓迎です。

 

今週の集会

  • 祈り会 9月18日(水) 10:30-11:30 A会議室。担当: 内山伸子

 

次週礼拝等(2018年9月22日)予告

  • 教会学校 9:00「主の祈り(3)」(マタイ6,12) 村上典子

 

今後の予定

教会内

  • 「特別伝道集会・公開学習会」 9月29日(日)11:45-13:15 「ふつう」ってなんだろう?〜キリスト教とLGBTQ〜 中村吉基先生

 

牧師室から

 旅先で香港の若者と出会い、デモのようすを聞いた。この方の家系は大陸出身だが、自身のアイデンティティは「香港人」だそうだ。「私たちの自由な伝統に中国政府が圧力をかけるのが耐えられない」と言った。

 香港は、アヘン戦争(19世紀半ば)をきっかけにイギリス植民地となるが、大陸で情勢が不安定化する度に大量の難民が流入した。第二次世界大戦中は日本が占領したが、戦後はイギリス植民地に戻り、1997年に中華人民共和国に返還されて特別行政区になった。

 今回のデモは、中国本土への容疑者引渡しを可能にする「逃亡犯条例改正案」の撤廃要求に始まる。香港自治の要である司法への介入に反発したのだ。他方で大陸の中国人には、「香港人はかつての宗主国イギリスが与えた既得特権に固執している」という冷ややかな見方もある。

 北京政府は対岸の深圳に憲兵隊を待機させており、これが動員されれば多数の死者が出るだろう。香港は金融経済の中心のひとつなので、武力鎮圧がもたらす経済的損失は計り知れない。しかも香港人がそれで黙るかどうかも分からない。民間人の大量逮捕は、「火山が噴き出す溶岩を、再び火口に詰め戻そうとするようなもの」というコメントも聞こえる。

 旧約預言者ホセアは、経済的繁栄と結びついた多神教崇拝を、「ヤハウェ一神崇拝」の立場から強く批判したことで知られる。「彼女(イスラエル)は知らないのだ。/穀物、新しいぶどう酒、新しいオリーブ油を彼女に与え/バアル像のために用いた銀と金を豊かに与えたのはこの私だということを」(ホセア2,10)。――倫理性なき繁栄は虚しい。 (廣石望)

2019/9/8 日曜日

三位一体後第12主日

Filed under: 今週の礼拝 — 進 @ 10:30:44

三位一体後第12主日

三位一体後第12主日礼拝   午前10:30
    司会・説教:廣石望
    奏楽:中村今日子

前    奏  (黙祷)
招    詞  ガラテヤ3,28
讃 美 歌  37(いと高き神に)
交    読  詩編62編(讃美歌21巻末「交読詩編」p.66)
聖書朗読  レビ記11,1-8 (旧p.117)
          マルコによる福音書7,1-23 (新p.74)
祈    祷
説    教  「人を穢すことができるもの」 廣石望
祈    祷
讃 美 歌  394(信仰うけつぎ)
献    金  感謝祈祷:礼拝当番
主の祈り  93-5A
頌    栄  29(天のみ民も)
祝    祷
後    奏
			

  • 教会学校 9:00「主の祈り(1)」(マタイ6,9-10) 中村今日子
  • CSのオリーブ会 CS分級時、牧師館。担当:原田由加

 

本日の集会

  • 聖歌隊練習 礼拝後、11:45-12:45 会堂

 

今週の集会

  • 祈り会 9月11日(水) 10:30-11:30 A会議室。担当: 村上進

 

次週礼拝等(2018年9月15日)予告

  • 教会学校 9:00「主の祈り(2)」(マタイ6,11) 松原新吾
  • 「教会カンファレンス」 「使徒信条について(基礎を学ぶ)」 廣石牧師 学びと懇談。
    ※ 参加される方は本日受付にてお申込みください。

 

今後の予定

教会内

 

8月出席数報告

				男	女	計
 4日	主日礼拝		 8	19	27
	教会学校	子ども	 0	 4	 4
	    	おとな	 4	 6	10
11日	主日礼拝		 9	17	26
	教会学校	子ども	 1	 6	 7
	    	おとな	 4	 4	 8
18日	主日礼拝		11	16	27
	教会学校	子ども	 2	 2	 4
	    	おとな	 3	 3	 6
25日	主日礼拝		12	20	32
	教会学校	子ども	 1	 6	 7
	    	おとな	 4	 4	 8
31日	お楽しみ会	子ども	 4	13	17
	    	おとな	 7	14	21
主日礼拝出席数平均	28.0人 (前月28.8人)

 

9月定例役員会報告(抄録)

報告事項:

  • 教会学校: 8/31(土)夏のお楽しみ会に子ども17人(食事会は38人)が参加。ヨナを飲み込む魚の大きなクラフトを礼拝堂に展示中。
  • ガリラヤ会:7月会合は「介護」について(お話 中村今日子さん)9月は今後の活動について話し合い予定。
  • 壮年会:引き続き赤岩栄牧師の説教集を読み進める。
  • 慶弔:召天者記念礼拝(11/10)の案内を作成予定。

協議事項:

  • 庶務−屋根の防水工事のための見積書を検討し、詳細を決定した(費用の約600万円は特別会計より支出予定)。 9月10日(火)より工事に着手。
  • カンファレンス(9/15):申し込みは、9/8礼拝後の記名による。参加費は一人600円(昼食代)。
  • 特別伝道集会(9/29):中村吉基牧師「キリスト教とLGBTQ」の入門的なお話し。チラシを作成予定。
  • 2019/9/1 日曜日

    三位一体後第11主日

    Filed under: 今週の礼拝 — 進 @ 10:30:37

    三位一体後第11主日

    三位一体後第11主日礼拝   午前10:30
        司会:廣石望
        説教:田中健三
        奏楽:槙和彦
    
    前    奏  (黙祷)
    招    詞  ローマ12,1
    讃 美 歌  424(美しい大地は)
    交    読  詩編61編(讃美歌21巻末「交読詩編」p.65)
    聖書朗読  イザヤ書22,1-5 (旧p.1092)
              マタイ5,9-10 (新p.6)
    祈    祷
    説    教  「戦争の現実」 田中健三
    祈    祷
    讃 美 歌  92(主よ、わたしたちの主よ)
    献    金  感謝祈祷:礼拝当番
    主の祈り  93-5A
    頌    栄  29(天のみ民も)
    祝    祷
    後    奏
    			

    • 教会学校 9:00「祈る時には」(マタイ6, 5-6) 廣石望
    • CSのオリーブ会 CS分級時、牧師館。担当:廣石望

     

    本日の集会

    • 定例役員会: 礼拝後〜15時 A会議室
    • 説教CD発送作業: 礼拝後、C会議室

     

    今週の集会

    • 祈り会 9月4日(水) 10:30-11:30 A会議室。担当: 渡辺紀子

     

    次週礼拝等(2018年9月8日)予告

    • 教会学校 9:00「主の祈り(1)」(マタイ6,9-10) 中村今日子

     

    今後の予定

    教会内

    • 「教会カンファレンス」 9月15日(日)「使徒信条について(基礎を学ぶ)」 廣石牧師 学びと懇談。
    • 「特別伝道集会」 9月29日(日)11:45-13:15 「キリスト教とLGBTQ」 中村吉基先生

     

    牧師室から

     大木毅『独ソ戦 絶滅戦争の惨禍』(岩波新書、2019年)を読んだ。私はソ連が大量の人的犠牲を払うことでナチスを敗戦に追い込んだと思っていた。

     数字の点ではその通りだ。第二次世界大戦の全体で、ソ連は総人口18,880万人のうち戦闘員と民間人を合わせて2,117〜3,340万人が死んだのに対し、ドイツは6,930万人のうち594〜831万人が死んだ。日本の死者は265〜310万人。ソ連の被害は桁違いだ。
    他方、冷戦時代の西ドイツには、ヒトラーの無謀な作戦さえなければ勝っていたとする言説があったが、じっさいには独ソ戦の後半では、ソ連が作戦面でもドイツを圧倒した。

     重要なのは、ヒトラーが独ソ戦を「劣等人種」スラヴ人に対する「世界観戦争(絶滅戦争)」と位置づけ、対するスターリンが共産主義と民族主義を融合させて「大祖国戦争」を提唱したことだ。その結果、民間人のジェノサイド、収奪、捕虜虐殺が戦争行為そのものに属した。

     著者によれば独ソ戦は、和平締結で戦争を終える「通常戦争」、国内の物資不足を補う「収奪戦争」に加え、上記の「世界観戦争」の3つのタイプが併存して始まり、最後は「世界観戦争」に他が完全に飲み込まれるかたちになった。
    ひるがえって敗戦前後の日本にも、自国民の「絶滅」をも厭わぬ戦争続行論が、降伏を阻止するためのクーデター計画などのかたちで強く存在したことが知られる。

     己の「理想」を偶像化し、自他の死をも厭わぬ狂気は、かつてパウロも経験したことだ。(廣石 望)

     

    2019/8/25 日曜日

    三位一体後第10主日

    Filed under: 今週の礼拝 — 進 @ 10:30:38

    三位一体後第10主日

    三位一体後第10主日礼拝   午前10:30
        司会:廣石望
        説教:中村吉基
        奏楽:小野千恵子
    
    前    奏  (黙祷)
    招    詞  詩編 46, 10
    讃 美 歌  6(つくりぬしを賛美します)
    交    読  詩編51編(讃美歌21巻末「交読詩編」p.55)
    聖書朗読  イザヤ書43,1-2 (旧p.1130)
              ヤコブの手紙1,12-18 (新p.421)
    祈    祷
    説    教  「どの声に聴き従うのか」  中村吉基
    祈    祷
    讃 美 歌  516(主の招く声が)
    献    金  感謝祈祷:礼拝当番
    主の祈り  93-5A
    頌    栄  29(天のみ民も)
    祝    祷
    後    奏
    			

    • 教会学校 9:00「霊の助け」(ローマ8,26) 齊藤和夫
    • CSの分級とオリーブ会は、学校の夏休み期間のため8月いっぱいお休みです。

     

    本日の集会

    • とくにありません。

     

    今週の集会

    • 祈り会 8月中は休会です。

     

    次週礼拝等(2018年9月1日)予告

    • 教会学校 9:00「祈る時には」(マタイ6, 5-6) 廣石望

     

    今後の予定

    教会内

    • 教会学校夏のお楽しみ会 8月31日(土)13:30〜 代々木上原教会。テーマ「ヨナ」
      プール遊び、すいか割り、クラフトなど。 詳しくはCSスタッフまでおたずねください。
    • 「教会カンファレンス」 9月15日(日)「使徒信条について(基礎を学ぶ)」 廣石牧師 学びと懇談。
    • 「特別伝道集会」 9月29日(日)11:45-13:15 「キリスト教とLGBTQ」 中村吉基先生

     

    牧師室から

     ユダヤ教「律法」はもともと民族に固有のものだが、前2-1世紀のアレクサンドリアのユダヤ人共同体に、2つの対照的な理解のあったことが知られる。

     一方には、「モーセは堅固な柵と鉄の壁をもってわれわれを囲み、われわれがほかの異邦人とけっして交わらず、心身ともに潔く保ち、全被造物を支配する唯一の力ある神を拝するようにした」(アリステアス書簡)がある。――律法は民族を外界から遮断する、まるで城壁のようだ。

     もう一つは、「神は、賦与されたさまざまな規定が自然に調和していることを、そして善き意志をもつ者たちにとって、書かれた律法に従って生きることはさしたる労苦でないことを示そうとした。じっさい古の時代の人々は、そもそも特別な律法がまだ書き記される以前に、容易にかつ喜んで書かれていない律法法規に従って生きていた」(フィロン)。――つまり律法は自然法であり、律法規定は万人に遵守可能だ。

     ひるがえってキリスト教信仰は、私たちを穢れた外界から遮断する城壁か、それとも異教徒とも共有可能な自然法のようなものか? おそらく祭儀(聖餐の陪餐資格論争!)が最も排他的である一方で、倫理(隣人愛)は最も広く共有可能であり、神話(キリストは天に昇った)はその中間であろうか。私たちはどの部分により強調点を置きたいか? (廣石 望)

     

    2019/8/18 日曜日

    三位一体後第9主日

    Filed under: 今週の礼拝 — 進 @ 10:30:28

    三位一体後第9主日

    三位一体後第9主日礼拝   午前10:30
        司会・説教:廣石望
        奏楽:槙和彦
    
    前    奏  (黙祷)
    招    詞  ヨハネ4,23
    讃 美 歌  51(愛するイェスよ)
    交    読  詩編46編(讃美歌21巻末「交読詩編」p.51)
    聖書朗読  ホセア書 2,1-3 (旧p.1403)
              ローマの信徒への手紙 8,12-17 (新p.284)
    祈    祷
    説    教  「キリストの共同相続人」  廣石望
    祈    祷
    讃 美 歌  455(神はわたしの強い味方) 1.3.4節
    献    金  感謝祈祷:礼拝当番
    主の祈り  93-5A
    頌    栄  25(父・子・聖霊に)
    祝    祷
    後    奏
    			

    • CSの分級とオリーブ会は、学校の夏休み期間のため8月いっぱいお休みです。

     

    本日の集会

    • とくにありません。

     

    今週の集会

    • 祈り会 8月中は休会です。

     

    次週礼拝等(2018年8月25日)予告

    • 教会学校 9:00「霊の助け」(ローマ8,26) 齊藤和夫

     

    今後の予定

    教会内

    • 教会学校夏のお楽しみ会 8月31日(土)13:30〜 代々木上原教会。テーマ「ヨナ」
      プール遊び、すいか割り、クラフトなど。 詳しくはCSスタッフまでおたずねください。
    • 「教会カンファレンス」 9月15日(日)教会員の方に限らず、多数の参加をお待ちしています。今からご予定ください。カンファレンスの企画協力者を募集中。

     

    牧師室から

     平和を実現するには地方自治体、国家、国際組織の協働が不可欠だ。

     核廃絶を促進する地方自治体の連合である「平和首長会議Majors for Peace」には現在、世界の約7,800都市が加盟している。国連は2017年、ICAN(核廃絶国際キャンペーン)の主導で核兵器禁止条約(TPNY)を採択した。

     すると核兵器廃絶に賛成しないのは諸核保有国政府と、これを支持する人々であろう。去る8月6日の平和記念式典で、湯崎英彦広島県知事は「なぜ、74年経っても癒えることのない傷を残す核兵器を特別に保有し、かつ事あらば使用するぞと(他を)脅すことが許される国があるのか」と問うた。

     それでも、個人のレベルも大切だ。戦争を経験した世代には「戦争は勝っても負けてもダメだ」という人が多い。他方で、戦争を知らない世代は「負けたら元も子もない」と考えることがあろう。

     身近に接する若者たちに、「ボヤボヤしていたら負ける」という恐怖心が感じられる。格差社会で生きる不安であろう。自分に絶望しないで生きるのは容易でない。自己保全の衝動は強烈な自己肯定感への希求、誰からも非難されないよう自己弁護する姿勢、あるいは社会的弱者をスケープゴートに狙った攻撃性の発露など、多様な姿で現れるだろう。正義を偽装する利益追従や、他者への憎悪もそこに含まれる。

     パウロはそうした闘争状態を「神への敵対」と呼んだ。そして、そこからの解放を「信頼(信仰)から義認された私たちは、私たちの主イエス・キリストを介して、神に対して平和をもつ」(ロマ5,1)と言う。罪赦され、安んじて神を信じることが、平和の始まりなのである。(廣石 望)

     

    次のページ »

    HTML convert time: 0.245 sec. Powered by WordPress ME