2018/9/30 日曜日

公開講演会「心病める人びとに寄り添うとは」

Filed under: 催し — 進 @ 18:42:19

9月30日、田村綾子さんを講師にお招きして、公開講演会「心病める人びとに寄り添うとは」を開催いたしました。
心配されていた台風の影響もまだ少なく、雨が上がって薄日が差していました。

田村さんは講演の中で、ソーシャルワーカーとしてのこれまでの経験から、三つの例をあげて「寄り添う」ことの具体例、その人の主体性を尊重して「生きなおし」を支援することについて語られました。
その人の存在を全面的に肯定すること、支援者の思いが前に出すぎて、その人の半歩先に出てしまわないようにすることが大切だと示されました。

会場には当事者の方も来場されていて、「当事者が資格を取得して支援者になることをどう思うか」と質問がありました。
田村さんは、ご自身の周りにも当事者で支援者になりたいと志して精神保健福祉士になられた例もあると紹介した上で、「私は患者だから(わかる)」ということを前面に出すのではなく、専門の技術・知識を提供できるということが基本で、それに加えて病気の体験をプラスアルファの道具として「使える」ということがよい、と答えられました。

田村さんのお許しを得て、

をウェブに掲載いたしました。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.135 sec. Powered by WordPress ME