2019/3/24 日曜日

受難節第3主日

Filed under: 今週の礼拝 — 進 @ 10:30:01

受難節第3主日

受難節第3主日   午前10:30
    司会:廣石 望
    説教:田中 健三
    奏楽:槙 和彦

前    奏  (黙祷)
招    詞  イザヤ書55,6-7
讃 美 歌  412(昔 主イエスの)
交    読  詩編28編(讃美歌21巻末 「交読詩編」p.29)
聖書朗読  イザヤ書 11,1-5 (旧p.1078)
      ローマの信徒への手紙15, 8-12 (新p.295)
祈    祷
説    教  「待望の王」 田中健三先生
祈    祷
讃 美 歌  303(丘の上の主の十字架)
献    金  感謝祈祷:礼拝当番
主の祈り  93-5A
頌    栄  29(天のみ民も)
祝    祷
後    奏
			

  • オリーブ会 CS分級時、A会議室 担当:廣石 望

 

本日の集会

  • 聖歌隊練習 礼拝後11:45-12:45 会堂
  • 臨時役員会 礼拝後〜13:00、A会議室

 

今週の集会

  • 祈り会 3月27日(水) 10:30-11:30 A会議室。
    村上伸牧師の「使徒信条」講解説教の録音を聞き、共に祈ります。(12)「罪の赦し」 担当: 松原新吾

 

次週礼拝等(2018年3月31日)予告

  • 「礼拝奏楽者の会」 礼拝後〜13時頃まで

 

集会予定等

  • 「ジャズ演奏会」 3月31日(日)14時〜 代々木上原教会。 岡淳(まこと)(サックス)、モロオカヒロヤ(オルガン)、正清 泉(ドラムス)
    チラシがあります。 地域の方々、お知り合いをお誘いください。

 

【牧師室から】

 第二次世界大戦が始まる直前のイギリスに、ドイツのユダヤ人児童を救出した「キンダートランスポート」と呼ばれる活動がある。イギリス人が里親になることで、約1万人を救出した。

 当時、この活動の枠外にあったチェコスロバキアから、個人ヴォランティアによって669人の子どもをイギリスに移住させたのが、ニコラス・ウィントン(1909-2015年)だ。スイスにスキー休暇に行くつもりだったが、友人の呼びかけで予定を変更してプラハに向かい、当地からイギリス人の里親を募集した。50年後の1988年、彼の妻が屋根裏部屋に、子どもたちの写真を含む大量のスクラップブックを発見するまで、この「イギリスのシンドラー」が誰であるかは世界に知られていなかった。

 彼の両親はドイツ系ユダヤ人で、イギリスに移住したさいに洗礼を受け、キリスト教に改宗している。それゆえイスラエルでは、ニコラスは民族同胞と見なされ、「正義の異邦人」には数えられていない。

 79歳のときのインタヴューで、「自分の生命の危険を冒したわけでもなく、正しいと思ったことをしただけ。不可能でない限り何かやれる方法はある」と述べたそうだ。それ自体としては非宗教的なこの発言は、パウロが「生まれつき律法をもたない異邦人が律法の事々を行うなら、この者たちは、律法をもたないままに、自分自身にとって律法である」 (ローマ2,14)と言うのに通じると思う。(廣石望)

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.154 sec. Powered by WordPress ME